そばのルーツは信州にあり

信州エリアの外せない名産品と言えばやはり蕎麦です。信州エリアへ遊びに行った際には、友達や会社の同僚への土産に信州そばがおすすめです。

信州は「そば切り」発祥の地

信州では古くから蕎麦の栽培が盛んに行われてきました。日本の伝統食のイメージが強い蕎麦ではありますが、ざるそばやかけそばのような食べ物が昔から存在していたわけではありません。

奈良時代の頃は蕎麦というと現代のような細長い棒状のものをすするのではなく、脱穀した蕎麦の実を雑穀類と混ぜて食べるスタイルが主流であったのです。細長い棒状にすべく包丁を入れる「そば切り」が定着したのは江戸時代とのことです。そして、「そば切り」はここ信州が発祥とされています。その後、甲州街道を経由し、江戸に伝えられ、日本全国へと広まっていったと伝えられています。

そば切りの信州発祥説については、松尾芭蕉の門人である森下許六が宝永3(1706)年、「本朝文選」を改題して出版した「風俗文選」に記載されています。その「風俗文選」の記録によると、古くは中山道の宿場として栄えた長野県塩尻市本山地区がそば切り発祥の地であり、「そば切り発祥の地」の碑が建立されています。信州へお立ち寄りの際には、土産品の信州そばを携え、「そば切り発祥の地」の碑を見物されてはいかがでしょうか。