信州とその魅力

信州とは、飛鳥時代から明治初期までの令制国の一つであり、現在の長野県を指します。今回はその信州の魅力、そして、名産品を簡潔に紹介したいと思います。

信州の魅力

信州と言えば、北アルプスをはじめとする大自然ですよね。また、雪国であるため、スキーリゾートが多く、1998年には長野オリンピックが開催されました。しかし、信州は多くの歴史的・文化的建築物を持つ地域でもあります。国宝の松本城や「一生に一度は善光寺参り」で有名な善光寺には毎年大勢の観光客が訪れます。また、花火大会で有名な諏訪湖、そして、世界で唯一野猿が入浴する地獄谷野猿公苑も注目を集めています。

信州の名産品

信州に行ったら是非蕎麦に舌鼓をうってもらいたいです。信州の蕎麦は全国的にも有名であり、蕎麦の収穫量は北海道に次ぐ全国2位です。そして、蕎麦店の軒数は日本一です。ただし、一言で信州蕎麦といっても地域によって打ち方や味、食べ方も異なるので複数の地域で試してみるといいでしょう。また、信州の地元の人々に愛されているおやきと五平餅も外せません。「おやき」とは野菜を御饅頭で包んだ食べ物で、食べ歩きにピッタリです。五平餅は、うるち米を潰して味噌ダレにつけ、棒に巻いて焼く郷土料理です。お土産には安曇野のワサビ漬けやリンゴパイ等のリンゴのスイーツをおすすめします。