信州のご当地ウイスキー

マルスウイスキーの歴史

桜菓子を彷彿とさせられる甘くて柔らかい香りが印象的なマルスウイスキーは、日本初の国産ウイスキーです。そんなマルスウイスキーの歴史は昭和4(1929)年に遡ります。それから20年後の昭和24(1949)年、鹿児島の地で醸造業を営んでいた本坊酒造がウイスキー製造免許を取得。マルスウイスキーの歴史が幕開けます。高度経済成長期における仕事帰りに気軽に立ち寄れるスタンドバーの登場とともに、全国各地の醸造所にて地ウイスキー造りが盛んに行われるようになり、その後の地ウィスキービールの火付け役にもなりました。スコッチウイスキーを手本に日本人好みに改良したマルスウィスキー。今日では世界五大ウィスキーのひとつとして地位を確立するほどまでに成長を遂げました。

マルスウイスキーと信州

昭和60(1985年)、本坊酒造は長年思い描いていた夢を実現すべく、南アルプスと中央アルプスに挟まれ、適度な湿度と良質な水に恵まれた、まさにウイスキー造りにとっての理想郷である信州の自然溢れる場所にマルス信州蒸溜所を開設し、現在に至ります。信州のこの地にはウイスキー造りに最適な軟水が湧き出ており、そのうえ空気が澄んでおり、ウイスキー造りにとって最高の気候条件であったのです。