白馬のスキーリゾート

日本国内でも指折りのスキースポットとして知られる長野県北部にある白馬村。平成10(1998)年には冬季オリンピックの会場にも選ばれ、世界各国との白熱した試合が展開されました。

日本屈指のスキーリゾート地:白馬村

豊かな森と湖に囲まれ、天然雪が降り積もる白馬エリア(北安曇郡白馬村・小谷村、大町市)は、スキーやスノーボードなどのウィンタースポーツを思う存分楽しむにはうってつけの場所です。主要スキー場として、「白馬さのさかスキー場」「エイブル白馬五竜スキー場」「白馬47ウィンタースポーツパーク」「白馬八方屋根スキー場」「白馬岩岳マウンテンリゾート」があります。(白馬エリアとして隣接する北安曇郡小谷村を含めると、さらに多くのスキー場があります)。

なかでも世界的にも有名なのが、冬季オリンピック開催の際にはアルペンスキーの競技場として使用された白馬八方屋根スキー場です。総滑走距離約2万3千キロメートル、最長滑走距離約8千メートル、高低差1071メートルと、単体のスキー場として日本最大規模の広さを誇ります。千葉真一主演の昭和41(1966)年上映映画『カミカゼ野郎 真夏の決斗』や、最近だと平成20(2008)年に上映された映画『銀色のシーズン』など、映画のロケ地にも使用されています。